漏電している場合の症状を確認しよう【雨漏りと漏電の関係性】

電気代が高くなっていたら漏電の可能性あり

漏電とは、電気が必要以上に漏れている状態です。急に電気代が高くなったら、どこかで漏電していると考えてしまい心配する方もいると思います。ですが、家庭用の分基盤は、漏電が発生した際、すぐにブレーカーが落ちる作りになっています。そのため電気代が上がることはありません。しかし、漏電を止める分基盤自体が故障している場合は、電気代が高くなるケースがあります。

電気代以外にもある!漏電の症状

雨が降るたびに停電してしまう
雨が降るたびに停電が起る場合は、雨漏りが原因で漏電している可能性があります。また、家の庭や玄関前に設置してある外灯やコンセントの防水性が弱めであるという理由で起こっている場合もあります。どちらの場合も、どこが漏電しているのか分からないため、専門の業者に調査をお願いし、調べてもらいましょう。
金属部分に触った時にビリビリする
建物内の金属部分に触ると、ビリビリした感覚がある場合は、漏電を疑いましょう。電気は目に見えないので、どこが漏電しているのか分かりません。専門業者に連絡を取り、調査する必要があります。

漏電の原因は雨漏りだけじゃない!~アースの重要性~

冷蔵庫や洗濯機などの大型電化製品には、漏電を防止するために、アース線が付いています。コンセントの傍から出ているアース線と、電化製品から出ているアース線をしっかり繋いでおかないと、漏電を引き起こした時に、被害が大きくなります。電化製品を使う場合は、アース線がしっかりと繋がっているか確認しておくことが大切です。

細い電線には要注意

たくさんの電気を使う大型の電化製品を使用する際、細いビニルコードで延長していませんか?その場合、電線が細いので、発熱し、絶縁物がショートする恐れがあります。また、長い間コンセントに挿しっぱなしになっていて、プラグ付近にホコリが溜まっている箇所はないですか?ホコリが空中の湿気を含み電気を通しやすくなっていると、発熱してしまう可能性があります。

TOPボタン