雨漏り修理で
漏電のリスク排除へ

雨漏り修理で漏電の危険を排除する

漏電の原因のひとつに雨漏りがあります。雨漏り修理を早い段階で行なうことにより、漏電のリスクを減らすことができます。初めて業者を利用する人でも分かるように、申し込みから作業までの流れを確認していきましょう。

問い合わせ

雨漏り修理の相談や依頼は、電話で24時間年中無休で受付しているので、いつでも連絡が可能です。

現地調査

雨漏り修理を行なう前に、現地調査を行ないます。プロの作業者の目で、現場の状況をじっくり確認できます。

見積もり・検討

現地調査の結果を元に、雨漏り修理の場所、修理プラン、作業内容などの主要項目を見積もりとして提示します。

作業開始

見積もり時の作業内容に沿って、作業を開始します。プロの作業員が、修理プランに応じて実際に施工をしていきます。

支払い

雨漏り修理が終わったら、お客様に現場を見てもらい、一緒に確認していきます。その後、料金の支払いが終われば全て終了です。

漏電による事故を未然に防ぐなら「漏電ブレーカー」

自宅のブレーカーは、『漏電ブレーカー』ですか?漏電ブレーカーは、漏電が起きた際、自動的にブレーカーを落としてくれる装置で、漏電による火災を防ぐという優れた機能を持っています。ブレーカーが落ちた時に、まずは全ての部屋のブレーカーを切ります。その後、ひとつずつブレーカーを上げていくのですが、漏電している部屋はブレーカーを上げた瞬間にまた落ちるので、漏電している部屋がすぐ分かります。「漏電ブレーカー」は漏電火災の防止にとても有効なので、自宅のブレーカーを確認して、この機能がない場合は、購入を視野に入れ検討してみましょう。

TOPボタン